もっと首都高を知ってほしい

広報宣伝活動

↑ クリックして
かべテレくんを見る

小学校社会科補助教材の作成及び配布

全国小学校社会科研究協議会監修及び首都高速道路株式会社編集協力のもと、小学校の社会科補助教材「かべテレくん」を作成し、東京都・神奈川県・千葉県及び埼玉県の小学校約4千校に毎年寄贈しています。
本事業は毎年テーマを変えて継続的に実施する予定です。

平成28年度テーマは『知っているかな~? 首都高のおはなし』
みんなの身近にある「首都高」。
「首都高はどんな道路?」「首都高はどうして作られたの?」などなど、子どもたちは疑問がいっぱい。
そんな疑問にかべテレくんが答えてくれます。
また、開通から50年以上が経過している首都高がどのように変わってきたのか、首都高の役割など、首都高に対する理解と関心を深める構成となっています。
一緒に勉強していこうね。
小学生の皆様だけでなく、大人の読み物としても十分楽しめる内容となっています。
ぜひ一度ご覧ください。

かべテレくん親子見学会に行ってきたよ! 親子見学会!のご報告

“かべテレくん”で勉強したことを、実際に見てきたよ!

夏休みの暑い中の8月18日バス一杯の32名で、朝から親子見学会が行われました。

日頃、学校で学んでいる首都高速道路のいろいろな事を、実際に自分の目や耳で確認してきました。 大橋ジャンクションが首都高では重要な役割をはたしている事。山手トンネルのおかげで時間が短縮され、車の流れがスムーズな事。普段入れない交通管制室にワクワクしながら入室した事。 参加してくれたお友だちにとって勉強しながら楽しめた、忘れられない夏休みの一日でした。

日時 2010年8月18日(水)10:00〜15:00
参加人数 親子16組32名

首都高速道路等に関する印刷事業

首都高速道路地図、通行止めチラシ等の制作

首都高速道路等の地図、工事通行止めの告知チラシ等の制作を行っています。

情報誌『首都高』の制作及び配布

本誌は、首都高の現状に満足することなく、更なる前進を促すことを目的として、 大学教授や、企業経営者等の方々のさまざまな提言や、意見交換を掲載するとともに、 こうした方々に、首都高に対する理解促進を深めて頂きたく発行されております。
年間4回発行しています。